(The University of Sydney)

オーストラリアで一番歴史があり最大規模を誇る大学。Group of 8の一員で研究に重点をおいている。
学部数は16あり、ほとんどの学部が国内でトップクラスに位置している。

総合生徒数は約4万9千人、留学生はその内約1万1千人を占める。巷では「そのほとんどが中国人留学生だ」とささやかれているそうだが、オーストラリアの大学のほとんどで、多かれ少なかれ同じような事がいえるであろう。

大学院については学費がやや高めだが、1年間で修士号を(単位を落とさなければ)修了できるコースがほとんどであるということで、Group of 8 の大学の中からシドニー大学を選ぶ者もいる。

 

(Macquarie University)

マッコーリー大学は、NSW州内ではシドニー大学やニューサウスウェールズ大学に次ぐランクにある大学である。

特にビジネス・経済学部と人文学・社会学部での評価が高く、コース内容も大変充実している。
また、大学院レベルでは医療研究も盛んで、大学に併設された最新設備を誇る病院もある。

大学構内に電車の駅が建設され、通学が便利になった。

 

(The University of New South Weals)

ニューサウスウェールズ大学は1949年に設立され、現在では約4万人の学生が学び留学生数は約7千人となっている。
Group of 8の一員で、工業系のリサーチとファイナンシャルマーケットリサーチが特に盛んに行われている。
それに伴い、学士課程も工業系コースと商学・経済学コースが充実している。他の大学のように”ビジネス学士”というコースがないと言うところにUNSWのこだわりが垣間見れる。
この他には建築学、メディア学、芸術学、法学、医学、理学などのコースがある。

他のGroup of 8に属している大学
Australian National University
The University of Melbourne
The University of Adelaide
The University of Western Australia
The University of Queensland
Monash University
The University of Sydney

 

(Australian Catholic University)

オーストラリア・カソリック・大学は、1800年代にカソリックを母体とした学校として設立された。現在は、宗教を問わない総合大学として発展している。カソリックの宗教を広める為、教育と看護の分野においての教育の歴史が長く、こういった歴史的背景からそれらの分野での評判は非常に高いものを得ている。 メインキャンパスは、ブリスベン、シドニー、メルボルンにある。

(The University of Newcastle)

ニューキャッスル大学は、モダンで国際的、そしてリーサーチプログラムに力を入れている総合大学であり、長年に渡って地域の人々、そして世界中の人々に知識を提供してきた歴史ある大学である。

大学教育の国際化とともに、ニューキャッスル大学はリサーチプログラムにおいて多数の留学生を受け入れており、常に、広がり続ける国際化に見合う教育を提供することに力を入れている。また、優秀な卒業生を輩出していることでも評判が高い。

150を超える大学院コースワークプログラムを提供しており、生徒数は23,000人弱。その内留学生は1500人を占める。コースワークプログラムにて学ぶ学生は約4000人。