理学療法留学

オーストラリアで理学療法(Physiotherapy)を学ぶには3つの方法がある。

日本の理学療法養成専門学校を卒業
オーストラリアでPhysiotherapistとなるためのコースとして、修士号(Master Degree)レベルでPhysioコースが開講されているが、このコースの入学基準は、関連した“学士号を取得”していること、となっているため、残念 ながら専門学校卒業資格では申請をすることはできない。そのため、学士課程(Bachelor Degree)に申請をすることになる。
養成専門学校を卒業しているので、おそらくファンデーションプログラムは必要ないと思われるが、競争率が高く歯学部・薬学部などと並び入学基準が高いた め、養成学校での成績や申請をする大学により、ファンデーションプログラムから始めるように指示される可能性もある。
Bachelor Degreeの修学期間は4年間である。入学に必要な英語力はIELTSで6.5~7。

大学の理学療法科を卒業
学士号(Bachelor Degree)を取得しているので、修士課程(Master)のPhysioコースの申請対象となるが、学士課程(Bachelor)での成績が問われ、 中には専門科目ごとの履修時間や実習時間などにも基準を設けている大学がある。
また、ほとんどの大学でIELTS 7.0以上の英語入学基準を設けている。TOEFLのスコアを受け付けない大学もあるので注意が必要だ。
こちらも競争率と入学基準が高く、また、留学生枠を設けているので入学するのは非常に困難だと言えよう。

理学療法の専門性を養うための留学
オーストラリアのPhysiotherapist の資格を取得するのではなく、Physioの専門性;Cardiothoracic(心臓と胸部), Gerontology(老年), Musculoskeletal(筋骨格), Neurological(神経), Sports などの専門性を養うための留学は、まず基本的に理学療法の学士号が必要で、2年以上のPhysiotherapistとしての経験が問われ、コース修了後 もPhysiotherapist・理学療法士として働くことを証明しなければならない。入学申し込み時には、理学療法の勉強会や学会などに積極的に参加 したりしている事をアピールすることになる。
大学によっては、州のPhysiotherapist Registration Boardに一時登録することを求めるところもある。Physiotherapist Registration Boardに一時的に登録するためには、Physiotherapist Registration Boardがその国のPhysiotherapist を、オーストラリア(州)の資格と同等であると認めていなければならない。しかし、残念ながら日本の理学療法士は同等と認められておらず、基本的には日本 の資格と経験をもって一時的にPhysiotherapist Registration Boardに登録することはできない。
が、例外として10年以上の経験を持つ理学療法士がPhysiotherapist Registration Boardに一時登録を認められ、専門コースで学んだケースがある。
こちらのコースもIELTS 7.0以上の英語力が必要で、大学の成績ももちろん問われる。
理学療法養成専門学校卒業者は、学校での成績が優秀であり、就業年数が長くてそのパフォーマンス評価が高く、雇用主から推薦書を発行してもらえるのであれ ば、申請をおこなってもよいだろう。