オーストラリアのファンデーションコースについて

ファンデーション

日本の高校を卒業し、オーストラリアの大学へ入学するには、ほとんどの大学で大学に入学する前にファンデーション(大学進学準備)コースでの就学が必要になる。
ファンデーションコースは大学付属、もしくは提携学校で開講されており、一般的な修学期間は8ヶ月~10ヶ月となっている。
通常、ファンデーションコースに必要な英語力はIELTSアカデミックモジュールで5.5以上となっているが、進学を希望している大学のコースによっては、入学時にIELTS 6.0相当の英語力をつけておく必要があるだろう。

学業成績入学基準は、高校を卒業すれば入学できる学校、5段階評価で3.5以上~3.8以上を求める学校もある。
また、大学で理系のコースに進学したい場合には、高校2年生・3年生で理系の科目を履修している必要があるといえる。
言い換えれば、高校で文系の科目を履修した場合には、理系に転向するのはきわめて難しい、ということだ。

ファンデーションコースから大学へ進学するためには、大学側が定めた成績を取得しなければならない。
定められた成績を取得できなければ、他大学で受け入れてくれる大学に入学するか、稀に他の学校のファンデーションコースで学習を繰り返すという手段をとる留学生もいる。

一般的に、ファンデーションコースは希望する大学の付属や提携校で学ぶ必要はなく、どの学校のファンデーションコースで就学しても、希望する大学へその成績を提出することができる。 ただし、グループ・オブ・8の大学進学を目指しているのであれば、グループ・オブ・8のファンデーションコースで就学することが好まれる。
グループ・オブ・8以外のファンデーションコースで学ぶと進学ができない、とは言えないが、非常によい成績を取得する必要があるだろう。

ファンデーションコースは、学校によりけりだが毎年2回、もしくは1回の入学が通例になっている。入学月は1月~2月、6月~7月が一般的だが、4月入学も可能な学校がある。
ファンデーションコースの入学月は、大学で希望するコースにタイミングよく入学できるよう、決める必要がある。
例えば、大学のコースが2月のみの入学であれば12月、もしくは1月に修了するようにファンデーションコースを開始するということになる。

州別ファンデーションコースの特徴

QLD州
QLD州のファンデーションコースは大学と強い提携関係にある私立の学校か、大学のグループ経営に属している、いわゆる「付属」と呼ばれる学校で開かれている。
進学したい大学の付属か、強い提携関係にある私立学校で学ぶのが通例である。

主な大学とファンデーションの関係

  • クイーンズランド大学 提携私立学校 International Education Services
  • クイーンズランド工科大学 付属 QUT International College
  • グリフィス大学 提携私立学校 QIBT
  • ボンド 付属 Bond College
  • ジェームスクック大学  なし 

NSW州
NSW州でも大学と強い提携関係にある私立学校か、付属学校で学ぶようになっている。

主な大学とファンデーションの関係

  • シドニー大学 提携私立学校 Taylors College
  • ニューサウスウェールズ大学 付属 UNSW Global
  • シドニー工科大学 提携私立学校 INSEARCH
  • マッコーリー大学 提携私立学校 SIBT

ACT
学校数が少なく、首都準州ではANU CollegeとCanberra Institute of Technology(CIT)でファンデーションコースが開かれている。

VIC州
VIC州は付属と、大学と強い提携関係にある私立学校がある。

主な大学とファンデーションの関係

  • メルボルン大学 提携私立学校 Trinity College *厳しい入学制限あり
  • モナッシュ 付属 Monash College
  • アールエムアイティ(RMIT) 付属 RMIT Foundation
  • ラトローブ大学 提携私立学校 La Trobe International College/Navitas
  • スインバン大学 付属 Swinburne College
  • ディーキン大学 提携私立学校 MIBT
     

TAS州
TAS州はタスマニア大学付属のみである。
 

SA州
SA州は、州でファンデーションプログラムが決められており、どの私立学校でもほぼ同じようなプログラムを提供している。ただし、Uni SAでは強い提携関係にある私立学校(SAIBT)からの進学が通例である。

主な大学とファンデーションの関係

  • アデレード大学 一般私立学校 Eynesbury、Bradford College
  • フリンダース大学 一般私立学校 Eynesbury
  • 南オーストラリア大学 提携私立学校 SAIBT
     

WA州
WA州は大学と強い提携関係にある私立学校と、一般の私立学校がある。

主な大学とファンデーションの関係

  • 西オーストラリア大学 提携私立学校 Taylors College
  • カーティン工科大学 提携私立学校 Curtin International College
  • エディスコーワン大学 提携私立学校 PIBT
  • マードック大学 提携私立学校 
  • 一般私立学校 Canning College、Tuart College、Murdoch College

Diploma

ここ数年で、ファンデーションコースとは別に大学独自のDiploma(ディプロマ)コースを開講し、コース終了後には
大学2年目に進学できるシステムを取り入れた大学が増えてきている。
Navitasグループに属している、QIBT、SIBT、MIBT、SAIBT、PIBTはDiplomaコースの老舗校である。
この他に、Monash College(モナッシュ大学)、La Trobe International College - Navitasグループ(ラトローブ大学)、Swinburne International College(スインバン工科大学)、Curtin International College-Navitasグループ(カーティン工科大学)などでDiplomaシステムを取り入れている。

ファンデーションコースは他大学にも進学できるが、Diploma はコースで履修する科目が大学の履修科目と密接に関係しているので、他大学の2年目へ編入することはほぼ出来ないようになっている。

このDiplomaシステムに入学できるのは、日本で最低でも大学1年を修了している者で、高校卒業だとファンデーションコースの選択のみとなる(*)。
必要な英語力はIELTSアカデミックモジュールで5.5~6.0、コース期間は1年間3学期制を取り入れていて、1年となっている。

Diplomaコースでは、大学で得られない学習サポートがついており、語学学校からいきなり大学へ進学するのが不安な学生や、学術的な勉強から遠ざかっていた社会人に適していると言えよう。

大学2年目に編入する為には、すべての科目をパスすればよいというのが、一般的な基準となっている。

(*)モナッシュ大学のDiplomaコースは、高校卒業者も対象になっている。

ファンデーションや大学に関するご質問がありましたら、お問い合わせフォームを利用ください。