学校情報-TAFEについて

TAFE(テイフ)とは・・・ Technical and Further Educationの略で、実社会のニーズに直結した実践的な専門教育VET(Vocational Education and Training)を行っています。 TAFEは全国統一システムの下、各州の教育委員会によってカリキュラムが組まれており、その質が厳しく管理されています。そのため、あるTAFEから違うTAFEの同じ学部への転校や編入が比較的スムーズにできのも特徴です。また、教員も資格経験ともに高い水準を持つ者が雇用されているので、必然的により質の良い教育が期待できます。
更に、政府からの補助金を受けているので、学校の図書館、コンピューターなどの施設が私立の専門学校のそれより比較的充実しています。

各州の経営形態
経営形態は各州それぞれ異なり、ニューサウス・ウェ-ルズ州では州内のTAFEを形式的にはTAFE NSWという一つの教育機関として運営しています。南オーストラリア州がそれと似た運営形態を持っています。一方ビクトリア州とクイーンズランド州の TAFEは教育機関一つ一つが独立した組織として成り立ち、より多くの学生数を獲得するためにプログラム、施設、授業料など、全てにおいて競争しあっています。

実践重視ならTAFE
そもそもTAFEは高失業率を改善するための対策であり、職業訓練を目的としているので、職業に直結した実用的な内容を凝縮し、自分の目標とする職業に必要な技術を短期間に習得できるようになっています。オーストラリアでは日本で行われる新入社員の社内研修のような一貫した独自の社員教育を行うよりも、入社と同時に即戦力となる人材を雇用する傾向にあるため、TAFEはまさにその即戦力を養成する教育訓練機関といえます。 TAFEと産業界は密接な繋がりをもっており、相互補完関係があります。
TAFE側はカリキュラムを産業界のニーズに忠実に沿って組むのはもちろんのこと、現役で働く専門家を講師として雇用したり、企業の従業員の職業訓練や研修なども請け負います。
産業側は学生に現地企業実習の機会を与えたりしています。

オーストラリア国籍保持者、永住者は年間の授業料1000ドル程度で就学でき、就学者はセカンダリー10年生修了者、高卒者はもちろん、キャリアアップを目的とする社会人、大卒者等さまざまです。

学べる分野
学べる分野も豊富でビジネス関連(事務、会計、経営、マーケティング、国際貿易)ホスピタリティ-、調理、ツーリズム、保育、芸術関連(デザイン一般、ビジュアルアート、産業デザイン、インテリアデザイン、写真、イラストレーション、陶芸、服飾デザインなど)最近人気の上がっているメディアまで多方面に渡ります。

主なカリキュラム
各カリキュラムは段階を経て修了できるようになっているので、就学を継続することで、易しいコースから上位のコースまで順々に修了できます。カリキュラムと履修期間は次のとおり。 CertifcateⅠ~Ⅱ:数週~半年 CertifcateⅢ~Ⅳ:半年~1年 Diploma:1年~2年 Advanced Diploma:1.5年~3年

関連トピック
オーストラリアの教育制度
オーストラリアのTAFE・専門学校一覧
大学・TAFE進学にはどのくらい語学学校に行く必要がありますか?
大学やTAFE本科のコース選択にあたって考慮する点は何ですか?
大学やTAFE、カレッジの本科課程の出願はいつ?