大学やTAFE本科のコース選択について

Q、大学やTAFE本科のコース選択にあたって考慮する点は何ですか?

A、学校やコース選択の決め手として考慮する点を以下にいくつか挙げます。
TAFEか大学か?
TAFEは職業訓練を目的とした教育期間ですので、カリキュラム自体実践的な内容が中心です。実践的といってもオーストラリアでの就職を目的としたもので すので、日本に帰国してからその内容が役立つかどうかも考慮しましょう。一方大学は、大学によって違いますが、RMIT大学やスインバーン大学などの技術 系大学は、特に理論的な内容を基盤として就職に繋がる実践教育を行っていますが、ほとんどの大学は理論的な内容を中心としています。そのため文系の学部で は特に高度な英語力が必要とされます。
日本の大卒の方は、大学院レベルへの進学も考慮されるとよいでしょう。

学部、分野は?
もちろん、そのコース修了時の将来性は大切ですが、自分がその分野に興味がもてるかどうかはより重要な決め手です。英語を母国語としない学生が英語で学ぶ ということだけでもかなりのハンディキャップであり、そのようなハンディキャップを持ちながら、他の英語を母国語とする学生と競い合うわけですから、自分 が興味を持って勉強できる分野でなければかなり困難なものです。

入学英語基準は?
各コースの入学英語基準を確認しましょう。英語入学基準は各学校、コースによって異なります。

留学生サポートは?
学校の留学生サポートが充実しているかどうかも大切です。留学生サービスの内容としては、カウンセリング、医療サービス、学生交流イベントの企画などが挙 げられますが、サービスの内容が充実しているかどうかは、気持ち良く学生生活が送れるかどうかに影響します。学校が大規模過ぎることによって留学生一人一 人への考慮が行き届かない、留学生の受け入れがあまり活発でないため留学生への考慮が充分でないなどというケースもあります。

施設は充実しているか?
図書館、スポーツセンター、クラブ、売店、娯楽施設(学食、レストラン、映画館)などが充実していることも学生生活に大いに影響します。大学によっては、 大学内に銀行、郵便局、映画館、美容院、レストランなどがあり、一つの町のようになっているキャンパスもあります。スポーツセンターも同じ大学の学生であ ればかなり格安で利用できます。

関連トピック
オース トラリアの大学・大学院一覧
オーストラリアの TAFE・専門学校一覧
大学教育に ついて
TAFEについて
オースト ラリアの大学での学習形態は?
大学や TAFE、カレッジの本科課程の出願はいつ?