オーストラリア留学ウェブ

ボンド大学 - Bond University

★ 私達 オーストラリア留学ウェブ は、ボンド大学正規手続き機関です。 同大学の英語サイトを一部日本語に翻訳()致しましたので、興味のある方は是非参考になさってください。

ボンド大学に留学

ボンド大学 公式サイト

宿舎サービス

ボンド大学はキャンパス内・外共に、多種の宿泊施設があります。

食事

キャンパス内の宿泊施設は全て、外食施設、レクリエーション施設、講義室、スタディー・ルームから徒歩2,3分の場所にあります。学期中は各週10、14、19回分のブラスリー(ビア・レストラン)での食事が料金に含まれた宿泊パックが選べます。食事回数の追加は学期中、休み中共にブラスリーにて現金で受け付けています。多種の文化、宗教信念、好みに合うようバラエティーに富んだ食事を提供しています。他に、一般にオープンされているレストランやカフェでのおいしい食事も楽しむこともできます。

空港への出迎え

クーランガタ国内空港もしくはブリスベン国際空港へ到着後、サポートスタッフによる出迎えをご希望の場合は、入学申込書の所定の欄にチェックを入れてください。

空港からボンド大学までの道程

個人でボンド大学までの移動をする場合はトラベル・ガイドをご参考ください。
ブリスベンに到着する場合は、ロビナ駅とブリスベン空港駅を結ぶエア・トレイン・サービスが便利です。ロビナ駅からボンド大学まで(約3キロ)は、タクシー乗り場からタクシーで、バス乗り場からバスで、又はボンド大学からのサポートスタッフの出迎えを事前に手配することも出来ます。

レジデント・フェロゥズ (住み込みの仲間)

学生宿舎での日常が何事もなく進むために何人かのスタッフ(シニア・レジデント・フェロゥズと呼ばれる)がレジデンス・カウンシル(寄宿舎協議会)のメンバーとして働いています。そしてスタッフをサポートするレジデント・フェロゥズとなるのは上級生、先輩たちです。新入生を歓迎、新しい環境−寮生活と大学生活−に慣れるお手伝いをし、友達作りのきっかけをつくるためのイベントを計画したりします。必要があれば勉強のお手伝いもできる頼りがいのある先輩方です。

2006年 料金表

宿舎タイプ

 

14 週間 

新学期第 1 週目の第 1 日目(日曜日)から

15 週間

オリエンテーション・ウィーク第 1 日目(日曜日)から

ブロック

部屋の種類

在校生−1学期分

( 1 人に付)

新入生−1学期分 

( 1 人に付)

学生宿舎「ブロック」

(バスルーム共用・エアコンなし)

シングル

1750.00

1875.00

学生宿舎「ブロック」

(バスルーム共用・エアコン有)

シングル

1960.00

2100.00

学生宿舎「ブロック」フラット

シングル

2240.00

2400.00

タワー(バスルーム付)

シングル

2660.00

2850.00

タワー(バスルーム付)

ツイン

1400.00

1500.00

バンガロー

シングル

2660.00

2850.00

プレミアム・ツイン

ツイン

2100.00

2250.00

食費

(以下の選択肢から選ぶ)

消費税込みの値段

 14 週間分

 15 週間分

19食/週

 

2926.00

3135.00

14食/週

 

2371.60

2541.00

10食/週

 

1848.00

1980.00

入居前に次学期分全額前払いとなっております。
上記の料金表は2006年1学期から有効。
家賃、食費の料金は、ボンド大学の権限により変更することがありますのでご了承ください。
部屋の予約は myroom.bond.edu.au にてオンラインブッキングができます。何らかの理由で不可能な場合はスチューデント・アコモデーション・リクエスト・フォーム(学生寮入居申込書)に記入をし、スチューデント・レジデンス・オフィス(学生宿舎事務所 − 61 7 5595 5009)までファックスで送信願います。
返金制度についてはこちら(スチューデント・レジデンス・ハンドブック)をご覧ください。

チェックリスト

キャンパス・ライフに何が必要かは迷うことと思います。下記のアドバイスをご参考ください。

シーツ類、ベッド用品

シーツ、まくら、枕カバー、毛布とベッドカバーは支給されます。タオルは持参してください。枕と掛け布団は持参したものを使う生徒もいます。シーツ類は毎週取り替え、洗濯され、部屋も毎週掃除されます。

衣類

ゴールドコースト地域は亜熱帯気候で、1年365日のうち300日は快晴です。日中の気温は約30℃(夏季)から20℃(冬季)なので、薄い夏用の衣服と夕方過ぎ涼しくなった時用に少量の暖かめの服を持ってくることをお勧めします。真冬用の衣類やコートなどは必要ありませんが、小さい雨傘は持っていると便利かもしれません。キャンパスは普段着でOKですが、在学中にフォーマル・パーティーに招待されるかもしれないので、1着素敵なドレスやスーツがあると安心です。ゴールドコーストのビーチとキャンパスのレクリエーション・センターを楽しむには水着と運動着は忘れずに。

ランドリー

洗濯機、乾燥機、アイロン、アイロン台、手洗い洗濯用の道具は入居者には無料で提供しています。洗剤は自己負担です。

料理と食料

食事宿泊パックは週につき10、14、19食からひとつ選べます。寮内では料理は許可されていないので、台所道具は持ち込まないでください。

交通

学生寮とノース・タワーの周りところどころに自転車用ラックが設置されています。大学の警備課に登録済であれば1人につき車1台まで学生寮カー・パークに駐車が許可されています。公共交通機関(バス)も利用できます。

コンピューター

コンピューター室は24時間、土日を含む毎日利用できます。デスクトップ又はノートパソコンを持参する場合は10ベース−Tのネットワーク・イーサネット・カードをインストールしたものをお勧めします。ネットワークケーブル(キャット5ケーブル―持参)で、自分の部屋から持参のコンピューターで大学のネットワークへつなげることができます。詳細は電話でヘルプデスク(61 7 5595 1488)へお尋ねください。

テレビ、DVD、冷蔵庫 レンタルサービス

ブレイクTV(www.blaketv.com.au)からいろいろな電化製品をレンタルすることができます。すでに備え付けのもの以外の電化製品が自分の部屋に必要である場合は、学生寮事務所にある電化製品レンタル申込書に記入、学生寮事務所に提出し、あとはスタッフにおまかせください。

ファックス: 61-7-5595 5009

卓上ランプ

備え付けていないので持参してください。

教材

文具、本類はキャンパス上で購入できます。

薬剤、パーソナル・ケア用品

処方薬が必要な生徒は、薬自体を充分持参するか処方箋を持参してください。大学近隣(キャンパス外)のショッピングセンターに薬局があります。石鹸、シャンプーなどのパーソナルケア用品も持参してください。近隣のスーパーマーケットで購入することもできます。

現金

留学生はオーストラリアドルをある程度持参してください。大学キャンパス内には両替所はありません。

お問い合わせ

学生宿舎入居についてのお問い合わせは学生宿舎事務所まで。
学生宿舎での生活に必要な詳細情報はレジデンス・ハンドブックに掲載されています。(注;ブロックAは改装されて教室として使われるようになったのでこの先学生寮として使用できなくなりました)